大都建について

 大都建は1950年6月に第1回六大都市土木建築専門連絡協議会の開催をスタートとして、大都市が抱える特有の課題解決に向けて、各都市の建設関係労働者の横断的交流をはじめ、日常的な情報の交換や国土交通省への統一要求行動など職種・職能部門として専門的な取り組みを行ってきました。

 また、1990年に日本の労働戦線統一をめぐる自治労と「全労連・自治労連」との組織闘争の中で「自治労都区・政令市共闘会議」(大都市共闘)が発足し、大都市共闘内に設置された8部会(総務・教育・民生・建設・清掃・区役所・衛生・下水道)ひとつとして、都市建設行政を担当とする【建設部会】を当時の「自治労大都市建設協議会」が担うこととなりました。これが、【自治労大都市共闘建設部会】の発足です。

 さらに、2012年には「自治労大都市共闘建設部会・自治労大都市建設協議会組織強化・運動活動方針」を掲げ、政令市だけではなく中核市などを含めた全国的な都市横断型の運動を行うため「自治労大都市建設協議会」を「自治労都市建設協議会」と組織改正をし、現在、『自治労大都市共闘建設部会・自治労都市建設協議会』(通称、【大都建】)として活動しております。

トピックス

2017年10月13日
第15回フォーラムが川崎市で開催されました。
2017年08月27日
第4回幹事会が新潟県で開催されました。
2017年08月27日
第68回都市建設協議会代表者(合同)会議が新潟県で開催されました。
2017年08月04日
国土交通大臣あて2018要望書を提出しました。
2017年07月15日
第3回幹事会が札幌市で開催されました。
2017年03月03日
2017分科会等の日程が決まりました。
2017年03月03日
第2回幹事会が横浜市で開催されました。
2016年12月15日
国土交通省交渉が行われました。
2016年12月15日
第1回幹事会が行われました。
2016年12月10日
自治労大都市共闘第27回定期大会が開催されました。
» 続きを読む