活動内容

大都建運動とは

 自治労大都市共闘建設部会・自治労都市建設協議会は、自治労加盟の大都市自治体労働組合(政令市)及びこれに準ずる自治体加盟の公共サービスを担う労働組合(中核市)などの建設関係組織で構成しており、相互の連絡協議、提携を密にするとともに共通する問題について強力な活動な活動を展開することなどを目的に活動しております。
 主な活動としては、建設部会が関わる建設・まちづくり行政は、担当する業務内容が多岐に渡っているため、『用地』『公園』『都市計画』『建築』『土木』『現業』『港湾』の7分科会と『動物園』の1分散会を設置し、各種専門分野の課題について調査・検討を行っております。また、地方分権の動きの中で各自治体の特色が生かせるよう制度・政策要求を掲げ、毎年、対政府要求闘争として、国土交通省交渉を実施しております。さらに、隔年で建設部会に関連するテーマを掲げ、フォーラムの開催なども行っており、これらの活動を総称して『大都建運動』といいます。

機関会議等の開催

 総会では、統一スローガンや活動方針の承認などがされます。
 幹事会は、総会に提案される議案、フォーラムのテーマ、分科会で作成された政府予算要望書などの統一意思確認決定機関として重要な役割を担っており、国土交通省との交渉行動もおこなっています。
 分科会では、毎年行っている、国土交通省への予算要望行動へ向け、具体的な議論や情報交換がされています。
 その他、フォーラムのテーマを検討する委員会や組織拡大のための取り組みなどをおこなうため、必要に応じ、会議を開催しています。
 

各種会議へのオブザーバ参加

 大都建は各都市が抱える課題や問題を共有し、解決することで「住みやすいまちづくり・地域特色をはぐくむまちづくり」をめざしており、まちづくり行政や建設行政で働く仲間を広く募集しています。
 大都建運動を知ってもらうために総会、フォーラム、幹事会、各分科会へのオブザーバ参加も募集していますので、まずは、オブザーバとして参加してみませんか?
 また、要望があれば、皆様の都市で幹事会などの機関会議を開催し、交流や情報交換を行うことも考えています。
 お気軽にお問い合せください。